MENU

コラム記事記事一覧

敏感肌化粧品を怠ると、どうなるかというと、多数の人は肌がボロボロになることを想像すると思いますが、実は正反対で肌はげんきを取り戻します。メイクアップというのは肌にダメージを与えるので、それをすべて取り払ってワセリンだけで肌をいたわってやるのが1番良い敏感肌化粧品だといえます。肌が乾燥しているので、しっとりと潤った肌創りのために化粧水にはいろいろとこだわっています。化粧水にはとろみのあるものを使って...

顔を洗う回数は1日に何回がベストなのかご存知ですか。答えは1つ、朝と夜の2回です。これ以上の洗顔回数は肌にダメージを与えてしまう1番の原因です。何回もすればその分肌にいいわけではなく、多くても2回に留めるというのがきれいな肌への道に繋がっていくのです。吹き出物が発生すると良くなってもにきびの跡に悩向ことがざらにあります。気になるニキビの跡を除くには、赤みが残っているニキビ跡にはビタミンC配合の美容...

頬の毛穴の開き具合が年齢と伴に悪化してきたように思います。まっすぐ自分の顔を見た際に、毛穴の開きが目立つようになってしまったのです。イチゴ毛穴を埋めたい、出来るだけ小さくなって欲しいと思い、毎日のスキンケア洗顔を行っています。洗顔の後は冷たい収斂化粧水を使って、パッティングを行っていますが、ちょっとだけ引き締まってきたように思います。乾燥肌の人には保湿することが大切です。乾燥肌に対する保湿は体の外...

アンチエイジングはいつからはじめるべ聞かというと出来るだけ、早くのうちから実践する事が重要です。遅くなっても30代からはじめておかないと間に合わないです。特に目の周辺の皮膚は薄いため、目元、周りを保湿するのは本当に必要なことです。また、化粧品だけにこだわるのではなく、バランスの良い食生活を送り、生活リズムをちゃんと整えましょう。センシティブスキンなので、ファンデーション選択には気を使います。刺激が...

食事と美しさは密接に関係していますので、老けないための食べ物を美肌を保持することが実現可能です。大豆などの豆類、白ゴマなどのゴマ類、ワカメなどの海藻類、ニンジンなどの野菜、鯛などの魚類、シイタケなどのキノコ類、玄米などの穀物類、ジャガイモなどのイモ類、ヨーグルトなどの乳製品、野菜の中でも色の強いトマトやナス、タンパク質を確実に感じやすい肌だと化粧品を決めるにしても困惑しますよね。特に肌に塗ることの...

ヒアルロン酸は人体の中にもあるタンパク質と合体しやすい性質を持った「多糖類」であるドロドロの成分です。保湿効果がすごく高いため、化粧品やサプリメントと名が出れば、大体決められたかといってよいほどヒアルロン酸を混ぜています。歳をとると供に少なくなっる成分なので、進んで補うようにして下さい。スキンケアの必要性に疑問を感じている人もいます。いわゆるスキンケアを何もせず肌由来の保湿力を失わないようにすると...

シワを防止するためにも、メイクをした日は必ずクレンジングして頂戴。クレンジングを怠ってしまうと、表皮にダメージが残ってしまい、すぐにシワができてしまうのです。また、顔を洗う場合には、洗顔をきっちりと泡たてて、できるだけ丁寧にく洗顔を行うようにして頂戴。ゴシゴシ!という無理やりな洗顔や、肌荒れを起こしたりといったことが、シワができる持ととなってしまうのです。ここ最近話題の一日一食健康法ですが、どんな...

一番知られているコラーゲンの効果は肌を美しくする効果です。コラーゲンの摂取を行うことによって、体内に取り入れたコラーゲンの新陳代謝の促進がなされ、肌にハリや潤いを持たらすことができます。コラーゲンが体内で足りなくなると肌が衰えてしまうので、肌を若々しく保つためにも積極的に摂取していって頂戴。シワをつくらないためにも、メイクをした日は欠かさずクレンジングを行って頂戴。沿うしないと、お肌にダメージが残...